おーじー あんど じゃっぷ
 
日本とオーストラリア在住の日本人四人組みによる まったり系書きものサイト
 


2005年4月6日を表示

ああ!!

ダイツってば、なんて不憫な。。。
だから日焼けしすぎるなって言ったのにぃ。



4月6日(水)15:20 | トラックバック(0) | コメント(0) | ・ひろみつが・・・・・・ | 管理

シドニーのバスについて

今日は、シドニーで走っているバスに
纏わる逸話
ついて話したいと思います。

さて、この記事の上部にはってあるのが、シドニー市内で今日一般的によく見かけるバスです。

まずこのバスにのって、最初にびびるのが、その平均的に荒い運転。一般車を余裕でブッちぎっていきます。ひと乗りすれば、かの有名映画『スピード』の主役になったような気分です。

キアヌ・リーブスもびっくりなのです。

カーブを曲がるスピードも凄いものです。遠心力の勉強が容易にできます。

また、車体がバカでかいため、他車と走行中に接触しそうになることもしばしば。
この間なんか、私がバスに乗っていったら、ガガガガーッっていう音が耳のすぐそばでしたんですよ。何事だ?!っと思ってみてみたら、私の座っていた席の窓に、隣を走行していたトラックのサイドミラーが擦れてました。・・・怖っ!しかも運転手、無視かよっ!っと頭の中で突っ込みをいれるダイツ。

あと、たまに、指くらいなら簡単に千切りそうな勢いで閉まるドアがあります。幸いドアの間は、ゴムがついているので、骨折くらいで済みそうです。

そしてよくあるのが、クーラー効きすぎなバス。一度、夏場に暖房がかかっていたバスがありました。運転手はおじいちゃんでした。・・・どう考えても、感覚がおかしくなってるだろ。


しかし、こんなシドニーのバスでも、お年寄りや、体の不自由な乗客には、一般乗客(どんな不良っぽいあんちゃんでも)が、必ず席を譲るという暖かい心がしばしば見られ、こちらも自然と爽やかな気分になることがあります。『席を譲る』という行為自体が、既に常識となっているのでしょうね。

そんなシドニーバス。
毎回乗るのが少しずつ楽しみになっていくダイツでした。



4月6日(水)10:46 | トラックバック(0) | コメント(0) | ・ダイツの考察日記 | 管理


(1/1ページ)


FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
地震速報機 | 本のバーゲン | 避難リュック | 恋活 | 家電バーゲン